CATEGORY

PKI

【PKI応用】Windows TLS 1.0/TLS 1.1 廃止に関する仕様変更

BEAST 攻撃やダウングレード攻撃など、TLS 1.1 以下の SSL/TLS バージョンについては脆弱性が確認されています。脆弱性を利用した攻撃を受けて、SSL/TLS の暗号化された通信を傍聴されたり、改ざんされたり等のリスクから身を守るために、TLS 1.2 以上のバージョンを利用することを推奨しております。 すでに SSL 3.0 は廃止が進んでおりますが、今回、TLS 1.0、TLS […]

【PKI】証明書信頼リスト(CTL)とは?WindowsでCTLを構成する手順を詳説!

サーバーでのクライアント認証の設定において、認証情報として証明書を利用する構成にすることができます。クライアント端末がサーバーに接続するためには、サーバー側が信頼している証明機関から発行された証明書を送信する必要があります。 クライアント認証の際に、クライアントへ「サーバーが信頼している証明機関の情報」を通知するための仕組みが証明書信頼リスト(CTL)です。CTL を構成することで、クライアント端 […]

【CAPI2】イベント ID 4107 について

アプリケーション イベント(ソース:CAPI2) ID 4107 は、CAPI2 という証明書の処理に関するエラー イベント ログです。これは、ルート証明書更新プログラムの機能の動作に関するイベント ログです。 このエラー イベント ログを理解するには、ルート証明書更新プログラムの基本知識が必要です。 ルート証明書更新プログラムの基本知識については、以下の記事にて紹介しています。   イ […]

【AD CS】証明書失効リスト(CRL)を手動で有効期間を延長する方法

証明書失効リスト(CRL)とは、証明機関で発行された証明書の中で失効した証明書の一覧を記載したものです。 証明書の正当性を検証するときに、証明書に記載されている CDP(CRL 配布ポイント)から CRL を取得して、証明機関から証明書が失効されていないか確認します。CRL には有効期間が定義されておりますが、失効されていないかを確認するときに CRL の有効期限が切れていると、失効確認に失敗しま […]

【解決方法】システム イベント ID 36874 エラーについて

システム イベント(ソース:Schannel) ID 36874 は SSL/TLS 通信に関するエラー イベント ログです。 今回は、ID 36874 のイベント ログの意味や確認すべきポイントについて紹介します。 この問題を解決するには、SSL/TLS の基本知識が必要です。 また、SSL/TLS の一般的な仕組みについては、以下の記事で紹介していますのでご参照ください。   イベン […]

【Windows】EFS 暗号化ファイルを他端末にコピーする仕組みについて解説!

EFS(Encrypting File System) とは、Windows OS 標準で利用可能な機能で、ファイルやフォルダを暗号化してセキュリティ保護することができます。 EFS の機能でセキュリティ保護したファイルを利用するには、EFS 証明書とそのキーペアとなる秘密鍵が必要です。これは EFS 暗号化されたファイルを利用するユーザーのプロファイル上に保存されています。ユーザー プロファイル […]

【解決方法】システム イベント ID 36871 (内部エラー 10013) について

システム イベント (ソース:Schannel) ID 36887/36888 は SSL/TLS 通信に関するエラー イベント ログです。 今回は、ID 36887/36888 のイベント ログの意味や確認すべきポイントについて紹介します。 この問題を解決するには、SSL/TLS の基本知識が必要です。 また、SSL/TLS の一般的な仕組みについては、以下の記事で紹介していますのでご参照くださ […]

【PKI 応用】TLS 1.3 の仕組みについて詳しく解説!

SSL/TLS とは、インターネット上で通信を暗号化して送信し、他の人に見られないように安全に通信を行うためのプロトコルです。SSL/TLS では、通信するデータの暗号化だけではなく、データの改ざん検知や通信相手の認証を行いながら、安全に信頼できる相手と通信を行うための仕組みが決められております。 現在、SSL/TLS 通信にて主流で利用されているバージョンは TLS 1.2 となります。 201 […]

【解決方法】システム イベント ID 36882 (Schannel)について

システム イベント (ソース:Schannel) ID 36882 は SSL/TLS 通信に関するエラー イベント ログです。 今回は、ID 36882 のイベント ログの意味や確認すべきポイントについて紹介します。 この問題を解決するには、SSL/TLS の基本知識が必要です。 また、SSL/TLS の一般的な仕組みについては、以下の記事で紹介していますのでご参照ください。   イベ […]

【AD CS】証明書失効リスト(CRL)の有効期間の日付の算出の仕組みについて

AD CS で構築した証明機関では、Base CRL と Delta CRL の 2 つの CRL が発行されます。 Base CRL の有効期間は既定で 7 日、Delta CRL の有効期間は既定で 1 日となります。 CRL の詳細については、以下の記事で紹介しております。 このように CRL には有効期間が設定されており、CRL には有効期限に関する項目が定義されています。 今回は、CRL […]